スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何の日。

朝からお線香のいい香りがしています。
ラベンダーのいい匂い♪

視線の先には




13日は先代の愛犬、みい(♀)が亡くなった日です。
昨年11月13日 14歳半で天国へ旅立ちました。
オジョーが紙粘土でバラと、なぜか「幸福」と書いたお地蔵さん(笑)を
作って飾ってくれてます。

先代犬 みい



ご飯を受け付けなくなって2日、
「これから介護生活かな、がんばるね」なんて言っていたのに
あっという間にいってしまいました。
亡くなる日の早朝には、ゆっくり少しだけどお散歩もしたのにね。

仔犬のころから大きな病気もせず、
最後も手を煩わせることなく、とてもいいワンコでした。

長い間子供に恵まれなかった私たちにとって
みいは本当に大事な家族でした。
オジョーが生まれたのは、みいが6歳の時。
環境の変化にずいぶん戸惑ったことと思うけど
優しいみいでした。

オジョーが赤ちゃんのころから
毎日いっしょに散歩に行ってました。
朝夕2回、オジョーをおぶったり、ベビーカーに乗せたりして。
そのおかげで、色々な方に話しかけられました。
畑仕事中のかたに野菜をいただいたことも
しょっちゅう。(笑)

あの頃は大変だ~!とおもってましたが
今考えると子育て中の私(←おまけに高齢出産)にとっては
とてもいい気分転換になっていたんだろうと思います。

オジョーが大きくなってからは
やりたい放題されても耐えてたみい。(笑)
私がオジョーを叱ったりすると
「まぁまぁ。。。」みたいに二人の間に割って入るような
優しいみいでした。

良い思い出です。

みいがいなくなって、8か月。
もっと前だったような、つい最近だったような。

みい、ちょっと急すぎたよ。
もう少し、ワガママいって手をかけさせてくれたらよかったのに。

ごめんね。いまだ立ち直ってないのかな。

あんを迎えることも、とても悩みました。
でもみいなら
「また飼い主のいない犬を家族にしてやってね」
きっとそう言っている気がします。

そして、
最後にオジョーに、命の大切さを教えてくれて本当にありがとう。
お別れはとても辛かったけど、彼女にとって大きな財産になった気がします。
感謝してます。

にっこり

みい、
みんなのこと、空から見ててね。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。